最近のトランクルームサービスは、いろんな付加価値をつけていて、昔のコンテナ倉庫のイメージとは、かけ離れています。

では、最近のトランクルームが扱っているサービスは、どんなものがあるのか?

サービス内容が豊富なトランクルームの現状についてお話します。


<目次>

・トランクルームの豊富なサービス内容とは?

・拡大するトランクリームの市場について!

・屋内型トランクルームで選ばれてえいる「キュラーズ」!

 

トランクルームの豊富なサービス内容とは?

では、最近のトランクルームのサービス内容を上げてみましょう。

基本は、荷物の保管です。

では、それ以外のどんなサービスがあるのでしょうか?

 

・全国発送サービス
たとえば、ゴルフバックを預けておきますよね。

従来のトランクルームだと、一度倉庫へ取りに行って、ゴルフ場まで持っていくのが一連の流れです。

それが、ゴルフ(バックだけを指定して、ゴルフ場に届けてくれるのです。

 

・いらないものを処分してくれるサービス
たとえば保管スペースが少なくなり、いらないものを捨てたいときに、処分してくれるサービスです。

いらない物を指定すれば、レンタルルームが処分してくれるのです。

 

・買取サービス
スペースをとるので処分したいが、価値があるのでもったいない。

そんな商品を、専門業者が査定して買い取ってくれるサービスです。

 

・撮影サービス
何を預けたか分からないって困りますようね。

預けた荷物を1つ1つ写真に収めて、保管商品の確認に使ったり、オークションの出品写真に使ったりと、いろんなオプションに利用できます。

 

後は、・クリーニングサービスとか・ハンガー保管サービスなど、いたれりつくせりのサービスが提供されているのです。

豊富なサービスを提供しているトランクルーム→初期費用無料 月額保管料1ヵ月無料 【トランクルームのエアトランク】

では、トランクリームの需要について次の項でお話します。

拡大するトランクリームの市場について!

国内でのトランクルーム市場はどうなのでしょうか?

従来の屋外型コンテナ方式は、法人の書類とか在庫商品の保管場所として使われていました。

しかし、最近は、個人の利用が多くなり、それに伴い、屋内型トランクルームも増えてきました。

 

2016年の日本のトランクルーム市場規模(屋内・屋外含む)は、2008年と比べ倍増の500億円を突破。

延べ室数は37万室超、店舗は8000店舗となり、国内のファミリーレストラン総数9400店舗に迫る勢いです。

 

屋内型トランクルームは、清潔で明るく、空調が完備され、今までの屋外型コンテナと違い、高級品の衣類なども保管できる環境になっています。

倉庫型なので、常にスタッフが常勤していますから、セキュリティーも万全です。

 

ビジネスモデルも、都市部の建物自体には価値がない、築古ビルを丸ごと購入し、土地代だけの価格で取得することで建築コストを削減し、倉庫として利用するので、投資額が抑えられ、安価でスペースをレンタルすることが可能になったのです。

このビジネスモデルに着目し、今や屋内型の国内シェア率1位の「キュラーズ」が、さらに規模を拡大し、サービスの充実に図っています。

それでは次の項で、屋内型の国内シェア率1位の「キュラーズ」についてお話します。

屋内型トランクルームで選ばれてえいる「キュラーズ」!

 

首都圏の屋内型トランクルームで選ばれてえいるといえば「キュラーズ」です。

東京都内中心に、アクセスの良い立地に倉庫を構え、通勤通学の帰りに搬入搬出が可能なトランクルームなのです。

きれい・安心・便利なトランクルームとして、規模拡大しています。

店舗スタッフが常駐しており、余計な手数料は不要で、短期利用も可能です。

また、最新のセキュリティシステムを導入し、徹底した湿度管理でカビを抑制しています。

無料駐車場も完備しいて、ユーザーの立場に立ったサービスを提供しています。

もっと詳しく「キュラーズ」について知りたいなら!

こちら→「なぜ「キュラーズ」は東京のトランクルームで選ばれているのか?」





このページの先頭へ